fixedImage


英語が苦手な人のありがちな間違い

今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語が苦手な人のありがちな間違い」という方向けのお話をいたします。


■私も昔は英語が苦手でした

私は、今でこそ、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っていて、英会話も、日常会話だった、特に問題なくでき、映画や海外ドラマも、基本的に字幕なしで楽しめます。

「英語を教える」方も、年以上の経験があり、今までに、名以上の方に英語指導をさせていただいて来ています。


しかし、そんな私も昔は本当に英語が苦手でした。

英語を教えている人間で、英語が苦手だった経験がある人は珍しいと思います。
(最初から英語が得意な方が多いです)


中学時代は、通信簿はずっと2(5段階)で、高校時代には、30というとんでもない偏差値を取ったことがあります。


そんな経験があるため、英語が苦手な人が何が原因で苦手になってしまっている
かがよくわかります。

■英語は積み重ねなのに…

ずばり原因は、

「英語は知識の積み重ねなのに、最初の方でつまずいてしまっていること」

です。


英語というのは、ピラミッドのように積み重ねて行くものです。

ピラミッドは最初の段で失敗すると、後で大変なことになりますよね?

ピラミッド2段目を積もうとしても、土台がグラグラだと、2段目は積み上がりません。

また、4段目、5段目を積んでいたら、土台が弱いと、ヒビが入って、崩落。なんてこともあります。


英語もそれと同じなんです。

でも、残念なことに、英語が苦手な人はそれに気づいていません。私自身もそうでした。


中学で英語が苦手な私は、当然高校に入ってもも英語が苦手なままでした。

しかし、高校では、当然、高校レベルの英語の授業が進んで行きます。そして、当然、「中学での知識は身につけているもの」として授業が進んで行きます。


例えば、高校だと、むずかしくて、多くの人が苦手とする、関係代名詞を習います。

例えば、↓の問題では、

This is the new hospital ------ I visited yesterday.

「場所が先行詞だけど、visitは他動詞なのに、目的語がないから、whereじゃなくて、答えはwhichなんだ」

と説明されたりします。


「先行詞」に関しては、授業で教えてくれましたが、「他動詞」「目的語」という用語をすでに知っていることが前提となっているわけです。


しかし、英語が苦手な私はその意味がよくわかりませんでした。

なので、授業後に個人的に質問はしました。

「他動詞ってなんですか?」
「目的語が必要な動詞のことだよ」

「目的語ってなんですか?(動詞もよくわかってませんでしたが)」
「動詞の後ろに置く名詞のことだよ」

「名詞ってなんですか?」
「名前を表す品詞だよ。the new hospitalなんか名詞だよな」

「でも、newって辞書引くと形容詞って書いてありますよ」
「あー、newはhospitalを修飾してるだけだから、付属物で、考えないんだ」

「修飾ってなんですか?」


と、ドンドンわからないことが増えて行くだけなのです。


そうなると、先生もめんどくさくなってしまうので、

「まぁ、とりあえず、visitがあったら、whereじゃないって覚えておいて」

となってしまいます。


このように、わからないことがあると、その上のレベルの知識が理解できず、どんどんわからなくなってしまうのです。

■わからないから暗記に走る

私の例は極端かもしれませんが、
(でも、実際にこういう状況だったんです)

「とりあえず、こういうもんだと覚えておく」

って経験したことがありませんか?


教える側も、学習する側もそうですが、理解できないものには、「臭いものにはフタ」的な感じで、

「とりあえず、覚えておく」

という対処をしてしまいます。


しかし、これでは、根本的な解決になりません。

ピラミッドの建設で言えば、一番下の土台が原因で、グラグラしているのを、とりあえず、手で押さえているようなものです。

ずっと手で押さえてるわけにはいきませんし、ほかにもグラグラしているところが出て来たら、そっちの対処に回らなければならず、結局、キリがないのです。


そうではなく、やるべきことは、一番下の土台から、しっかりと作り上げることなんです。


先ほどの私の例で言えば、

「他動詞」「目的語」「動詞」「名詞」「修飾」などがまったく理解できていないのですから、それを避けて、暗記で済ませていては根本的な解決になりません

やるべきことは、こういったことを最初から理解しなおすことです。


現に私は基礎の基礎からやり直したことで、英語ができるようになり、TOEIC初受験から1年でTOEIC 900を達成でき、今では、TOEIC 990(満点)、英検1級に到達できました。


そもそも、なぜ、私が、高校に入った時点で、これほど知識がなかったかと言うと、中学の教師が「とにかく暗記」スタイルだったからです。

・単語を覚える
・教科書の英文を暗唱

これが主にやることでした。


私の中学の教師の例は極端かもしれませんが、どうしても、日本の英語教育は「暗記主義」になり勝ちです。

でも、それは、「説明して理解させるのが大変なので、暗記に逃げている」という部分もあるのです。

■初心者、英語が苦手な人はまず基礎を!

なので、初心者、英語が苦手な人がやるべきことは、暗記に逃げるのではなく、基礎をしっかりと鍛え直すことです。


その基礎を、しっかりと学んでいただけるのが、
冒頭でお話させていただきました、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、745点まで伸びました。この講座のおかげもあって、510点アップです!」

「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破! 文法問題は84%正解! さらに3カ月後730点にアップ」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるようになりました!」

とご好評いただいている講座なんです。


英語の基礎知識を丁寧に解説させていただくだけでなく、その知識を使って、英文を作る練習までしていただくので、

英会話でも応用が利くようになります。


さらに、基礎分野は実はTOEICでは頻出分野。なんと、英文法の問題の実に約75%が基礎分野からの出題なのです。

なので、TOEICを受ける、初心者の方は、基礎分野をしっかりと固めてしまうのが有効なわけです。


また、わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いただけるサポート制度を備えております。

さらに、アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)の音声付き!

無料サンプルは↓で公開しておりますので、ぜひご覧下さい。
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習をがんばって行きましょう!

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。