fixedImage


英語の前置詞の使い方・イメージ

今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語の前置詞の使い方・イメージ」という方向けのお話をいたします。


■まずは基本のチェック

前置詞についてお話しする前に、以前にお話しさせていただきました、

「英会話で、英文を組み立てる際の基本」

をちょっとおさらいしておきましょう。


ただ単に、日本語で考えて、それを英単語にして適当に英文にしている方が多いのですが、それでは、英会話は壁に当たります。


I love bananas.

のような簡単な文ならいいですが、

The rain was so hard that we couldn't see anything, so we had to cancel our golf lesson.

のような文を「適当に」では、スラスラっと出てくるようにはなりません。


そうではなく、英文を作る際は、

・引き出しを整理する仕切り
・お子様ランチのプレート
・和食御膳の容器

のように、いくつか空きがあるものに、ポンポンとパーツを入れて行くようなイメージで英文を作って行くのです。


例えば、↓のようなイメージです。

英文は必ず、こういう仕切りの中に何かを埋めて行く形で作られています。

I love bananas.

のような簡単な文でも、


The rain was so hard that we couldn't see anything, so we had to cancel our golf lesson.

のような長い文でも、

のように、しっかりと仕切りがあるもので、
きちんとした仕組みのもとに、作られているのです。

■便利な前置詞

のような、簡単な英文であれば、↑の枠のイメージがなくてもすぐに作れると思いますし、枠の仕組みもすぐにイメージできます。


しかし、

のように、長くなってしまうとわからなくなってしまう方が多いのです。


文が長くなる要因は「修飾語」が増えることです。


代表的な例で言うと、前置詞があります。

前置詞というのは、in、at、onなどのことで、「前置詞+名詞」と必ず、名詞とセットで使います。


「前置詞+名詞」は、形容詞か副詞になり、前置詞は「名詞の前につけて、名詞を形容詞か副詞に変換する品詞」とも言えます。

つまり、「前置詞+名詞=形容詞or副詞」ということです。


普通、言いたい意味の形容詞が存在すれば何も問題ありません。

例えば、「長身の男」だったら、

a man

に形容詞、tallをつければよく、

a tall man

で完成です。


しかし、「車の中の男」とする場合、「車の中の」なんて意味の形容詞はありません。

carを使って、

a car man

としても、ダメなんです。

carは名詞。ここで必要としているのは形容詞(名詞を修飾する)なのです。


そこで、前置詞inを使って、carと組み合わせれば、

in the car

で「車の中の」という意味になって、

a man in the car

で、「車の中の男」という意味になります。

副詞でも同じことができます。

「昨日、本を読んでいた」は

I was reading a book yesterday.

と、「昨日=yesterday」という副詞があるので表すことができます。

しかし、「車の中で」という副詞はありません。
適当に、

I was reading a book a car.

としてもダメなんです。

carは名詞ですから。ここで求められているのは副詞なのです。


そこで、前置詞inと組み合わせれば、

I was reading a book in a car.

と、副詞に変換して、使うことができます。

■修飾語は積み重なる

のように、修飾語が少なければ、まだ簡単に英文を作れて、英会話でもしゃべれるかもしれません。

しかし、修飾語が重なり、

I was reading a book about Aaron Bryant's great career as a journalist in a car in the afternoon after lunch.

のように、なれば、枠組みがわからなくなり、正しい英文が作れなかったり、英会話でもスラスラとは出てこなかったりします。


しかも、「前置詞+名詞」のように、何かと何かが合体して、何か別のものになるのは、これだけではありません。

代用的な例で言うと、

「A+等位接続詞+A=A」
「従属接続詞+文=名詞or副詞」
「関係詞+文=形容詞」
「疑問詞+文=名詞」

などがあります。


これらの仕組みを全部理解して、なおかつ、その知識を使って、英文を作る練習をしてこそ、

・ネイティヴのように長い英文でもスラスラとしゃべれる
・正しい英文を頭の中できちんと組み立てられるようになる
・複雑な文でも、相手の言っていることが理解できる

というわけなんです。

■初心者でも大丈夫! この講座で英文を作る練習をしましょう!

「英文の構造の知識を、まず基本からしっかりと理解したい」
「知識だけではなく、英会話で応用ができるようにしたい」

そんな方にオススメなのが、大人気の

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」

です。


英文の構造の知識(英文法)の基礎を、本当の基礎から、「暗記ではなく理解す
る」スタイルで学んでいただけます。

また、知識を身に付けるだけでなく、実際に英文を作っていただきますので、英会話でも応用が利きます。


TOEICのパート5、6に出題される英文法問題の75%は、実は「簡単な分野」なのです。

比較や仮定法などのむずかしい分野は、実はそれほど出ないのです。

初心者・中級者は、まずは簡単な分野をしっかりとマスターしてしまった方が得策、というわけです。

そんな、TOEICを目標としている、初心者の方にもオススメの講座です。


アメリカ人(女性)とイギリス人(男性)のネイティヴ音声もついていますし、わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールでご質問いただ
けます。

まずは英文の構造の知識の基礎を身に付けること、そして、その知識を使えるようになること、これを目標にがんばって行きましょう!

無料サンプルは↓で公開しておりますので、ぜひご覧下さい。
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習をがんばって行きましょう!

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。