fixedImage


英会話初心者におすすめなのは文法です

今記事では、英会話についてのお話をしたいと思います。

特に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方にはぜひお役に立つ内容かと思いますので、ぜひご覧下さいませ。


■英会話スクールに行けばいいってものでもない

「英語がしゃべれるようになりたい」

これは多くの英語学習の目標です。


私は今までに、名の方に英語指導をさせていただいてきておりますが、「英会話」は英語学習の目標としては、「TOEIC」に次いで2番目に多いんです


しかし、英会話って、実はそんなに簡単なことじゃないんです。

これから英語をやる方から、

「とりあえず英語がしゃべれるようになりたい」
「TOEICはいいから、英語がしゃべれればいい」

というように、

「英語をしゃべることはそれほどむずかしくない」

と認識している方が多いのですが、実際には英会話はむずかしいものなのです。


どのぐらいの英会話を目指しているかによりますが、多くの人が想像する、「日常会話ならある程度こなせるレベル」であれば、人によっては、TOEICで700や800などの高得点を取るのよりむずかしかったりします。
(人によって向き不向きがあるので一概には言えませんが)


そして、

「英会話スクールに行けばなんとかなる」

と思っている方が多いのですが、そんな甘いものではありません。


実際に英会話スクールに行ったことがある方は実感されていると思いますが、「英会話スクールに行くだけ」では英会話はできるようにはなりません。

できるようになっている人は、英会話スクールの効果にプラスして、独学でもしっかりと努力をしているのです。


私も今では日常会話なら問題なく話せるレベルではありますが、英会話スクールにプラスして、独学でも努力をしました。

■英会話がむずかしい理由

しかし、英会話はちゃんと適切なステップを踏んでやって行けば、ちゃーんと向上するものなのです。

そのためにも、まずは、英会話がむずかしい理由を知っておきましょう。


英会話がむずかしいのは、要求されるスキルが多いからです。

・語彙を多く知っている
・英文法の知識がしっかりとしている
・リスニング力がある

という基礎力はもちろんのこと、

・発音とイントネーションがある程度以上のレベルにある
・しゃべるスピードがある程度以上ある
・正しい英文を組み立てる能力がある

といった応用力まですべて必要なのです。


同じ応用スキルであるリーディングと比較しても、リーディングは

[基礎]
・語彙を多く知っている
・英文法の知識がしっかりとしている

[応用]
・語彙と英文法の知識を活用した読み方が身に付いている

と、英会話に比べると求められるスキルが少なく、英会話はやはりむずかしいのです。

■多くの人がつまずく訳

でも、あきらめないでください!

ちゃんと、適切なステップを踏めば、英会話はちゃんと向上します。

多くの人が、なぜ英会話でつまずくかと言うと、

「英会話スクールに行けばOK」
「とにかく話すことが大切」

という考えにしばられてしまっているためだと思います。


もちろん、英会話スクールは役に立ちますし、実戦経験は必要です。

ただ、それ以前に、基礎をしっかりと鍛え上げないで、英会話の学習ばかりしていて、力が効率的に身に付いていない方が多いのです。

具体的に言うと、「どういう英文が正しいか」という知識がないままガンガン進んで行ってしまう人が多い。


自分が「こんな感じの英文がいいだろう」と思って、話してみて、ネイティヴが「間違っている」と言わなければOK。

というように、考えている方も多いかもしれませんが、どういう英文が正しいか、英会話で話す時、どうやって英文を組み立てるかにはれっきとしたルールがあるのです。

それが英文法です。

■英文法だけは英会話スクールでは習いづらい

「英文法というと、英会話には不要なもの」と誤解されている方が多いのですが、英文法は英会話には必要です。

「自分のしゃべっている英文があっているかわからない」
「いつも適当に感覚でしゃべっている」
「しょっちゅう間違っているとネイティヴに指摘される」

これはいずれも英文法力不足が原因です。


元英会話スクールの講師の友人たちも、

「上達する生徒は英文法がわかっている人」

と口を揃えて言います。


しかし、残念ながら、英文法だけは英会話スクールでは習いづらいものなのです。

なぜなら、講師が英語のネイティヴスピーカーだからです。

「われわれ日本人がどれだけ日本語の文法を知っているか」を想像してもらえばわかりますが、母国語だと感覚でしゃべれてしまうので、文法の知識を持ち合わせていないことが多いのです。


同様に、英語ネイティヴも英文法がわかっていない人が多く、それは説明できない人が多いのです。

語彙であれば、「こういう意味だよ」と教えてくれますし、リスニング力はレッスンをこなしていればついてきます。

発音やイントネーション、しゃべるスピードも数をこなして行けば向上します。


しかし、英文法の知識、そしてそれに基づいて英文を組み立てる能力は英会話スクールではなかなかつかないのです。

■まずは英文の構造の簡単な知識を

なので、特に英語初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方は、英会話スクールに行きつつでもいいので、

しっかりと英文の構造の知識(英文法)を、簡単な分野だけでもいいので、しっかりと身につけてください。

論理的に正しい英文の構造がわかっている。
その知識に基づいて英文が作れる。

これが今後の伸びを大きく左右します。

語彙、リスニング、発音・イントネーション、スピード、実戦経験が加われば着実に英会話は向上して行くはずです。


その英文法の簡単な分野の知識を身につけて、そしてさらに、英会話に役立つように、その知識を使って英文を作る練習をしていただけるのが、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


開講以来、

「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破! しかも、文法問題は84%正解」

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるようになりました!」

とご好評いただいている講座なんです。


英語の基礎知識を丁寧に解説させていただくだけでなく、
その知識を使って、英文を作る練習までしていただくので、

英会話でも応用が利くようになります。


また、わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いた
だけるサポート制度を備えております。

さらに、アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)の音声付き!


詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


最後までお読みいただきありがとうございました!
今後とも英語学習がんばって行きましょう!

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。