fixedImage


英語をやり直す方法

今回は、主に初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方向けに、「英語学習をやり直したい」という方向けのお話をいたします。


■今から英語をやり直したい

英語指導をさせていただいていると、

「まったくの英語初心者なのですが、何をやったらいいでしょうか?」

というご質問はよくいただきます。


こういった疑問が出てくるときというのは、やる気があるとき!

やる気はなくなるのは簡単です。

なので、自分自身も、友人も(やることが英語でないにしても)やる気が出ていて、刺激し合える今が、英語学習を始めるチャンスなのです。

■初心者が放置されている?

ちょっと話がそれましたが、本題に戻って、

「英語の初心者は何をしたら良いのか?」

をお話しして行きます。


世の中には、英語教材が大量に販売されています。

TOEIC用教材
英単語帳
リスニング教材
英語ニュース教材
英文法教材
英文法の問題集
通訳メソッドを用いた教材
ちょっと奇抜なメソッドの教材


初心者からすると、あまりに数や種類が多くて、

「何を買ったらいいんだ!?」

と混乱してしまいます。


しかも、残念なことに、

世の中の教材の多くは中級者向けであったり(中級者が一番多いので、どうしても販売数を考えるとここが一番多い)、中学時代からずーっと英語が得意な人が作っているために、初心者への配慮がなされていなかったりします。


これはあくまで一例ですが、参考書の解説等で、

「ここには、名詞が必要なので、○○が答えとなる」

などの説明を見て、

「え? なんで名詞が必要なの?」
「っていうか、名詞って何?」
「なんか、"それぐらい知ってて当たり前"って説明の仕方だけど、自分はそれ知らないんですけど…」

という感想を思ったことありません?


英語の「基礎知識」をすっ飛ばしてしまう教材は実に多く、それが初心者にとっては辛く感じるもの。

私自身も、昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手だったので、よくわかりますが、

わからなくて解説を読んでも、その解説の意味がわからず、結局理解できず、暗記するしかない。

しかし、暗記では、解けない問題が多く、実践でもまったく応用が利かず、英語が嫌いになってしまう。

という経験がありました。

■特に傾向が顕著なのが、英文法

「基礎知識」をすっ飛ばす傾向が顕著なのが、英文法です。

同じ初心者に対する配慮でも、語彙であれば、簡単な単語でも、「president 大統領」のように注釈がついていることが多いです。

リスニングであれば、遅いスピードで収録されていたり、発音がクリアなネイティヴが選ばれていたりします。


しかし、先ほどの「名詞が必要なので…」の例のように、英文法面に関しては、すっ飛ばされることが多いのです。

これは英文法教材に限らず、

「あれ? なんで、この文はこういう意味になるんだろ?」
「なんで、自分の思った答えじゃダメなんだろう?」

という疑問点が出てくると、その多くは英文法面での配慮の欠如であることが多いのです。

■英文法教材では、基礎知識の欠如が致命的に

語彙やリスニング教材であれば、まだ、基礎知識の欠如はそこまで大きな問題になりません。

語彙なら、レベルの高くないものを選べば、書かれている単語の意味を覚えることはできるでしょう。

リスニング教材でも、簡単なものを選べば、ある程度聞き取れるようになってきます。


しかし、英文法に関しては、

「英文法は知識の積み重ねであり、順番を間違えたり、途中でつまずいたり、すっ飛ばしたりすると、その後が理解できなくなる」

という問題があります。


英文法というのは、積み重ねで、学ぶべき順番というのがあります。

「関係代名詞がよくわからないから、英文法の関係代名詞の章を読んだけど、結局、意味がわからなかった」

という経験ありませんか?


それは、関係代名詞自体に問題があるのではなく、

「関係代名詞を理解するために必要な知識」

を持っていないことが原因なのです。


関係代名詞というのは、英文法の中では、かなりむずかしい分野。

それを理解するには、それより簡単な分野、例えば、

品詞、文型、副詞、前置詞、等位接続詞、従属接続詞、受動態、不定詞、分詞、動名詞、第5文型

などを理解していないとダメなんです。


それを突き詰めて行くと、一番の基礎知識というのは、先ほどお話しした、

「名詞などの基礎的な品詞の役割を知る。異なる品詞が合体して、ブロックを形成することを理解する」

などに行き着きます。


しかし、残念ながら、それが多くの教材ではすっ飛ばされてしまっているのです。

■英文法なしで突き進むと、壁にぶつかります。

「英会話に英文法は必要ない」
「TOEICを受けないから、英文法問題を解くこともない。だから、私には英文法は必要ない」

と勘違いされている方も多いですが、英文法は英語を学ぶ以上、絶対に必要です。


「単語は知っているのに、英文の意味がわからない」
「長い文になると、どうしても読み返すことが多い」
「長い英文になると、聞き取れないことが多い」
「英会話では、単語を並べているだけなので、間違いを指摘される」

などは、英文法の知識が欠けていることが原因で起きているものです。


英文法は「英文の構造の知識」。
英語を、読む、聞く、話す、書く、すべてにおいて必要なのです。


確かに、ある程度であれば、感覚で、何とかなる部分はあります。

ただ、それでは限界があります。

長い文を読み聞きしたり、長い文をしゃべろうと思ったら、感覚だけでは、壁にぶち当たります。


初心者の方は、早い段階から、英文法の基礎知識を身につけておくことをオススメします。

■英文法の基礎知識を学びたい方はこちらから!

「英文法を基礎から学びたい」という初心者の方にオススメなのが、以上の方に英語指導させていただいた経験がある私の講座の中で、今、一番人気がある講座

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」

になります。

英文法の簡単な分野を丁寧にじっくり学んでいただけます。

その知識を使って、英文を作る練習もしていただくので、英会話等での応用力も養えます。


リリース以来、嬉しいことに、

「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破! しかも、文法問題は84%正解」

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるようになりました!」

とご好評いただいております。


わからないところがあっても、制作者である私にメールで直接質問できる、サポート制度も設けております。


無料サンプルは↓で公開しておりますので、ぜひご覧下さい。
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習をがんばって行きましょう!

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。